当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

【絵本14選】子供が靴をはいておさんぽに行きたくなる絵本をあつめました

子供靴

歩き始めた子供たちにとって、靴をはいておさんぽに出かけることはとっても楽しみなことですね。

その楽しみがさらに広がるような【おさんぽ】をテーマにした絵本を10冊あつめてみました。

小さいころに読んでもらった本は、大きくなっても心に残っているものです。

さらにお母さんといっしょに読んでからおさんぽに行く、という素敵な思い出になるのでは?!

絵本を読んだ後いっしょに出かけて素敵な発見をたくさんしてみてください。

この記事を書いた人

あくあつこです。保育士&幼稚園教員免許保有。

2児の母で、幼稚園に10年勤務していました。

園や自宅で子供たちに読み聞かせをしてきた経験をもとに記事を書きました。

ぜひ、最後までお読みいただきお気に入りの本を手に取ってみてください。

[st-kaiwa3 html_class=”wp-block-st-blocks-st-kaiwa”]

まずは0~2歳くらいのお子さん向けをご紹介

[/st-kaiwa3]

くつくつあるけ(林 明子 作)

O歳から読み聞かせに使える赤ちゃん絵本です。

赤ちゃんの姿は出てきません。

靴だけが飛んだり跳ねたりしている楽しい絵本です。

購入者レビュー
  • 靴に興味を持ちだした頃に読んであげたい
  • 自分の足で散歩したくなる本
  • これから歩き始める赤ちゃんにオススメ
筆者
筆者

歩き始めるころに読んであげるといいですね。少し大きい子には物足りないかも?!

おさんぽ おさんぽ(ひろの たかこ作)

こちらも0歳から読み聞かせられる絵本です。

雨が上がり長靴をはいておさんぽにでかけると、カエルやカタツムリ、大きな水たまりを発見しました。

こんどは何が見つかるかな?

雨上がりにおさんぽにいいきたくなる1冊です。

購入者レビュー
  • シンプルだけど躍動感がある
  • 生き物といっしょにおさんぽしている気分
  • 子供が絵本といっしょに飛び跳ねたり足を動かしたりします
筆者
筆者

長靴で出かけたくなります。身近なものを親子で楽しめる絵本

いないいないばあっ! ぶうちゃんのおさんぽ

NHK Eテレ「いないいないばあっ!」で人気のミニアニメ「ぶぅちゃんのおさんぽ」の絵本です。

人気の番組のため、親子で気に入って読んでいる方も多いようです。

購入者レビュー
  • いないいないばぁでぶうちゃんが流れるとよろこぶので
  • ぶうちゃんといっしょにおさんぽしているみたい
筆者
筆者

お子さんの好きなキャラクターはうれしいですよね

とっとことっとこ (まついのりこ作)

ねこさんがくつはいて、とっとことっとこ。

次はありさん、とっとことっとこ。

ぶたさんも、かえるさんも。

しゃべりはじめたころのちいさな子どもにぴったりの絵本シリーズ

購入者レビュー
  • 何度も繰り返し読んでいます
  • とっとこ とっとこと真似しています
  • 動物の動きにあわせて体を動かしていました
筆者
筆者

音が繰り返されているので楽しい気分になりますね

いってきまあす!(わたなべ しげお文 おおともやすお 絵)

くまくんがおさんぽにでかけました。

柵をくぐり、砂山を越え、ベンチを渡り、石垣の上を歩いたら、降りられなくなってしまいます。

ちいさなくまくんの冒険です。

購入者レビュー
  • 子供が「くつはいて」というところで靴を指さしていました
  • 簡単で分かりやすいお話です
筆者
筆者

冒険、ってわくわくしますね。くまくん、どうなるのかな?

おさんぽ(前田 まゆみ)

おさんぽにでかけたように感じられる(お散歩体感絵本)
お散歩で出会える植物や動物、昆虫や魚類、鳥類まで、丁寧に描かれています。

購入者レビュー
  • 靴を自分で履きたい子供にぴったり
  • おさんぽ前に読むと楽しく出かけられます
筆者
筆者

絵本と同じものに出会えると嬉しいですよね

筆者
筆者

ここまでは0~2歳の子向けでした。

ここからは1~2歳くらいの子へ向けた絵本をご紹介します。

おさんぽのおやくそくだもの

りんごくんとあおりんごちゃんが、くだもの公園までおさんぽにでかけます。

「じてんしゃが きたよ」「はしっこに いくと ぶつからないよ」「くるまが きたよ」などなど……くだものたちといっしょに交通ルールが学べます。

購入者レビュー
  • おさんぽ前にルールが守れるのように読み聞かせします。
  • かわいい絵が大切なルールを教えてくれます。
筆者
筆者

可愛いくだものが親しみやすいですね。

交通ルールをいっしょに確認できます。

しんごうぴよぴよぴーい

信号機と横断歩道に注目した絵本です。

くまくん親子が赤信号で待っていると、バス、大型トレーラー、ごみ収集車など、いろいろな自動車が通り過ぎていきます。

青信号になると、今度は動物や自転車がいっせいに渡ります。

ちいさな信号機がみんなの安全を守っているんですね。

購入者レビュー
  • 信号や乗り物がたくさん登場するので楽しめます
  • 信号や交通ルールを知ることができました
筆者
筆者

信号を観るのが大好きな子も多いですよね

ふみきりかんかんかーん

どちらから電車が来るのかわかる矢印! ・各駅停車、快速、特急、新幹線、いろんな電車がふみきりを通過! ・縦にも開いてしゃ断器が上がる! などなど、本物のふみきりと同じくらい見飽きない絵本です。

購入者レビュー
  • 毎日何回も読んでます
  • 電車大好きな子に買いました
  • ふみきりカンカンカンと喜んでます
筆者
筆者

ふみきりが大好きな子も多いですよね。

身近でじっくり見られない子も楽しめますね。

こうじしてます こつこつこーん

くうたくんとパパはおうちの近くをお散歩。
いつもの歩道は通行止めです。
警備員さんに三角コーンやバリケードで作った歩行者専用道路に誘導されました。
「わーい! 近くで見ると大きくてカッコいいね」
歩きながらダンプカー、ショベルカー、ブルドーザーが動いているのが見られます。

購入者レビュー
  • 思ったよりサイズが小さかった
  • 子供が好きな内容でした
  • 何度も読んでとせがまれます
筆者
筆者

工事現場はずっと見ていても飽きないですよね

筆者
筆者

ここからはもう少し大きいお子さん向けの本をご紹介します

くつ あらいましょう

おきにいりのくつにとうとう穴があいてしまいました。ゴミに出そうとすると、おばあちゃんが「このくつ、あらってあげようよ」といいます。もう、すててしまうのに、どうして?
くつを洗うことで、毎日を思いかえす女の子。さりげないおばあちゃんの態度が大切なことを教えてくれる絵本。

購入者レビュー
  • 穴が開いて使えなくなった靴をどうしたらよいか一緒に考えるいい機会でした
[st-kaiwa3 html_class=”wp-block-st-blocks-st-kaiwa”]

自分のお気に入りのものが痛んでしまったとき、どうしたらよいか

いっしょに考えられるといいですね

[/st-kaiwa3]
筆者
筆者

お気に入りの靴が傷んだらどうしたらよいか一緒にかんがえられるといいですね

おでかけのまえに

おとうさん、おかあさんとピクニックにでかける準備をしているちいさな女の子。

おでかけが楽しみで、一緒に準備したくて……わくわくした気持ちが伝わってくる絵本です。

購入者レビュー
  • お出かけ前の楽しみな気持ちがいいですね
  • どこにでもある日常がよかったです
[st-kaiwa3 html_class=”wp-block-st-blocks-st-kaiwa”]

子供にも子供なりのやりたいことありますよね。その気持ちを大切にしたいですね

[/st-kaiwa3]
筆者
筆者

子供にもやりたいことがありますね

その気持ちをたいせつにしたいですね

ねこのピート だいすきなしろいくつ

ねこのピートは新品の白い靴でお出かけ。

でも、大切な靴が途中で汚れてしまいます。

ピートはどうしたのでしょうか?

ピートといっしょにうたを歌っておさんぽをしてみましょう。

購入者レビュー

  • 「しろいくつ〜かなり最高!!」という楽しい歌の絵本になりそうですが年齢が上がるにつれてこの絵本の意図が
    伝わっていくのかなぁと思いました!!
  • 悲しいとか嫌なことがあったとかが全くない本。全部最高といって過ごすピートが最高です。前向きになれる本です。まだ心が小さくて傷つきやすい子供を元気づけてくれたらいいなと思って読んでいます。
[st-kaiwa3 html_class=”wp-block-st-blocks-st-kaiwa”]

お気に入りの靴が汚れてしまったらかなしくなってしまうところですが、考え方をかえて楽しくできる素敵なお話です

[/st-kaiwa3]

いってらっしゃーい いってきまーす

引用元:Amazon

なおちゃんは、朝、お父さんと自転車に乗って保育園にいきます。かどのたばこ屋のおばあちゃんが手をふってくれます。保育園で友だちとあそび、昼ご飯を食べ、お昼寝をすると、夕方にはお母さんがお迎えにきます。お母さんと夕飯の買い物をしながら歩いて帰るなおちゃんは、たばこ屋のおばあちゃんに、ただいまをいって……。なおちゃんの一日を、子どもの視線で丁寧に温かく描きます。

購入者レビュー

  • この本を見ると、両親に送り迎えしてもらった子供の頃を思い出します。昭和の街並みや保育園の日常が描かれていて、見ていると懐かしい気持ちになれます。細部までいろいろ描かれているので、見る度発見があり楽しいです
[st-kaiwa3 html_class=”wp-block-st-blocks-st-kaiwa”]

保育園に行く毎日の景色にも発見や楽しみはたくさんありますね。

[/st-kaiwa3]

おさんぽに行きたくなる絵本について

今回は、子供の靴とおさんぽについて描かれている絵本を14冊ご紹介しました。

テーマごとにまとめると次のようになっています。

0~2歳の子向け

  • くつくつあるけ
  • おさんぽ おさんぽ
  • いないいないばあっ! ぶうちゃんのおさんぽ
  • とっとことっとこ
  • いってきまぁす
  • おさんぽ

1~2歳の子向け

  • おさんぽのおやくそくだもの
  • しんごうぴよぴよぴーい
  • ふみきりかんかんかーん
  • こうじしてます こつこつこーん

2歳~向け

  • くつ あらいましょう
  • おでかけのまえに
  • ねこのピート だいすきなしろいくつ
  • いってらっしゃーい いってきまーす

お子さんといっしょに絵本もおさんぽもたのしんでみてください。

お気に入りの本が見つかるといいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました